最後に枕カバーを洗ったのはいつ??

最後に枕カバーを洗ったのはいつ??

ニキビ対策の為にしょっちゅう新発売の薬用クリームを試している方も大勢いらっしゃる筈ですが、中々ニキビが治らないと言うことであれば一度基本に立ち戻ってみることが必要かも知れません。

 

例えば、枕カバーの洗濯も案外おろそかにされがちな超初級のニキビ対策です。世の中には寝具を一回も洗ったことがない方も少なからずいるようですが、ニキビ肌に不衛生は禁物です。

 

特に枕カバーは直接皮膚と接触する寝具ですから、予備のカバーを用意してできれば毎日新しいものに変えて下さい。予備カバーがなければ、新しいタオルを敷いてタオルだけ交換する方法でもOKです。

 

ニキビをこじらせてしまっている方の皮膚表面には、アクネ菌がうようよしています。当然枕カバーにもアクネ菌がゼロと言うことはありえませんし、皮脂と汗が染み込んだ布は雑菌にとってパラダイスです。

 

せっかく顔を洗っても、アクネ菌が満遍なく散らばっている枕カバーで寝てしまったら、洗顔の意味が大半薄れてしまいます。

 

特に女性はスキンケアが欠かせませんから、汗混じりの化粧水や乳液も枕カバーにベタベタとつくことになります。髪の汚れも相当ひどく、生乾きで寝ている方の枕カバーはいつカビが生えてもおかしくはない状態です。

 

肌を衛生的に保つ為にも髪を美しくキープする為にも、洗髪後はなるべく早く乾かし、濡れた状態で寝ないようにしましょう。不衛生な枕カバーで寝ることは、洗顔後、何日も何ヶ月も洗っていないタオルで顔を拭くようなものです。

 


このページの先頭へ戻る